テーブルに登らないで!子どもに英語で何て言う?

テーブルに登ってはいけない、といつもパパに怒られる息子です。
わかっちゃいても登りたいものは登りたい。
なぜならそこに山があるから。です。
(Because it’s there. By George Mallory)

机に登らないで、はどう伝えたら良いでしょうか。

アメリカパパはこう言います。

Don’t climb on the table. (テーブルに登らないで。)

Get off the table !! Get off of the table!!(降りろー!!)

なんて怒られていることもあります。

ちなみに、上の二つの文。違いは of が入っているか入っていないか、ですね。これは、より詳細に伝えることで、こちらの本気度を表すことができる。怒ってるのよー!って伝える手段でもあるんですって!!(知らなかった!)

例えば、ベビーカーに乗りなさいって言うときに、最初は

Get in the stroller.(ベビーカーに乗りなさい) stroller:ベビーカーのこと

それでも言うこと聞かないで乗ってくれなかったときに、

Get in TO the stroller!!(乗んなさいーーー!!)

のように、怒ってる感を伝えられるんだとか。面白い。

脇にそれましたが。続き以下

例文

Don’t climb on the shelf. 棚に登らないで

Don’t climb on the roof.屋根に登らないで

Don’t climb on the tree. 木に登らないで

Don’t climb on that.それにのぼらないで

Don’t climb on me. 私に登らないで

等、登るものを on のあとに持ってくることで応用が効きますね。

似たシチュエーションで、
椅子の上に立たないで、なら、

Don’t stand on the chair.

なんかも、日常よく子どもに言いますね。

息子も、

Don’t stand on the chair. Sit down!!

と怒られています。

因みに、sit down で座ってもらうのは友人間とか、目上から目下。間違っても、

「どうぞこちらにお掛けください、マダム」

みたいなニュアンスで、他人に

Sit down , please.

なんて言ったら、怒られているみたいで、恐怖されるので注意です。失礼にもあたりますしね。

そんなときは、

Please, have a seat. とかね。

またそれている。それではこの辺で。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA