ジョニー・デップ勝訴!声明全文を訳してみたよ

現地時間6/1 午後3時(日本時間6/2午前4時)

ついに、ジョニー・デップが元妻アンバーハードを名誉毀損で訴えた件で、勝訴しました。

陪審員の評決を待つばかりとなっていた結果がついに出ました。

結論

ジョニー・デップ勝訴!

ジョニーに公正な裁きが下されました!
Justice has been served for Johnny Depp.

日本時間午前4時に始まった評決。LAW and CRIME のYouTubeチャンネルで見ていました。裁判長が入廷するとみな起立。
裁判長の話が始まり、評決の結果は陪審員に委ねられており、評決を陪審員に書いてもらう形で行われるようでした。

またすぐに画面は裁判所の外の一場面をただ映しているのみの、静止画へ。

15分まって、ようやくまた廷内の画面にかわりましたが、まだ音声は切られていました。そこから3分また待って(待たせるねえ)、現地時間の、4:18分に、音声が戻り、陪審員のまとめた評決の紙が裁判長に渡され、その紙が判決を読み上げる方の手に渡り、
評決が読み上げられました。(ちなみに4:30にはすでに閉廷していた。早っ)

アンバーハードは出廷していましたが、ジョニー・デップの姿はありません。

イギリスで仕事があり、そちらに滞在していたようです。

アンバーハードはジョニー・デップへ、15millionドルの賠償金の支払いを命じられました。(名誉毀損で50millionドルを求めて提訴した)

一方、ジョニー・デップはアンバーへ2millionドルの賠償金の支払いを命じられました。(アンバーの記事は偽りであると、ジョニー(正しくはジョニーの弁護士)に訴えられたことで自身のキャリアも奪われたとして100millionドルで反訴していた)

2Mドルときいて、リーダーたけしの

ガッツ残り2!

を思い出したのはきっと私だけだろう。

(少なっ!100に対して2って少ないと思ってしまったの)

簡潔にいうと、

アンバーの記事に書かれていたことは偽りで、ジョニー・デップは証拠を揃えて汚名を晴らしました。actual malice(現実的悪意)を働いていたのはアンバーでした。

陪審員 : YES!

こんな感じでした。

ジョニー15millionドルで勝訴
ベンチュー氏とカミラ氏 / ジョニーの弁護士

判決の後、ジョニー・デップ、アンバーハード両人ともインスタグラムを更新しています。

それについて面白いコメントがあったので、紹介します。

アンバーのインスタにはこの時点で誰もコメントしていない。対してジョニーのインスタには5万3000件のいいね!やコメントが寄せられた。

ジョニーのインスタグラム声明文

ジョニー・デップ声明文1ページ目
ジョニー・デップ声明文2ページ目

日付が消され、U.K.となっているのは、何なのか。もしかして日付ではないのか?その前に滞在していた場所を消したのか?でも2つめのぐちゃぐちゃの下に、6が見えるのだが。結果は6月1日に出たし、6で納得できるのだけど。6ではなく、16?もしくはアルファベットのG?

全然わからない。

でも、ぐちゃぐちゃ消してるのジョニーっぽい。やっぱりちょっとおどけキャラというか。

以下引用

Six years ago, my life, the life of my children, the lives of those closest to me, and also, the lives of the people, who for many, many years have supported and believed in me were forever changed.

All in the blink of an eye.

False, very serious and criminal allegations were levied at me via the media, which triggered an endless barrage of hateful content, although no charges were ever brought against me. It had already traveled around the world twice within a nanosecond and it had a seismic impact on my life and my career.

And six years later, the jury gave me my life back. I am truly humbled.

My decision to pursue this case, knowing very well the height of the legal hurdles that I would be facing and the inevitable, worldwide spectacle into my life, was only made after considerable thought.

From the very beginning, the goal of bringing this case was to reveal the truth, regardless of the outcome. Speaking the truth was something that I owed to my children and to all those who have remained steadfast in their support of me. I feel at peace knowing I have finally accomplished that.

I am, and have been, overwhelmed by the outpouring of love and the colossal support and kindness from around the world. I hope that my quest to have the truth be told will have helped others, men or women, who have found themselves in my situation, and that those supporting them never give up. I also hope that the position will now return to innocent until proven guilty, both within the courts and in the media.

I wish to acknowledge the noble work of the Judge, the jurors, the court staff and the Sheriffs who have sacrificed their own time to get to this point, and to my diligent and unwavering legal team who did an extraordinary job in helping me to share the truth.

The best is yet to come and a new chapter has finally begun.

Veritas numquam perit.
Truth never perishes.

U.K. 22

Johnny Depp

以下、訳

6年前、私の人生、私の子どもたちの人生、私に近しい人たちの人生、そして、長きにわたって私を支え信じてくれていた人たちの人生が、永遠に変えられてしまいました。

すべて一瞬で。

私に対する、虚偽の、非常に深刻で犯罪的な疑惑の数々がメディアを通じて私に突きつけられ、そしてそれが憎しみに満ちたコンテンツを際限なく、次から次へと作り出しました。私に対する起訴は一切無かったのにもかかわらずです。

それは瞬く間に世界中を駆け巡り、私の人生と私の築いてきたキャリアに極めて甚大な衝撃を与えました。

そして、6年後、陪審員が私の人生を取り戻してくれました。私は、本当に光栄に思っています。

今回の件を追求しようと決めた私の決断は、
私が直面するであろう法的なハードルの高さと、私の人生が世界中で見せ物になることが避けられないであろうことをよく理解していたので、熟孝の末になされたものでした。

はじめから、この件を提訴した目的は、結果にかかわらず、真実を明らかにすることでした。真実を語ることは、私の子どもたちや、私を変わらず支えてくれた全ての人たちの為の私の義務であるように思いました。ついにその義務を果たすことができたと知り、心安らかな気持ちでいます。

私は、世界中からのあふれる愛と多大な支援、優しさに圧倒されているし、ずっと圧倒されてきました。真実を語ろうとする私の探求が、男性であれ女性であれ私と同じような立場にいる人たちや彼らを支援している人たちが決して諦めないでいられる手助けとなることを願っています。また、法廷においても、メディアにおいても、有罪が証明されていないのであれば、私の地位を無罪の時のように戻して欲しいとも願っています。

私は、ここに到達するまでに、彼らの大切な時間を捧げてくれた裁判官、陪審員、裁判所職員、保安官の崇高な仕事と、そして私が真実を明らかにする力となるべく素晴らしい仕事をしてくれた、勤勉で揺るぎない私の弁護団に感謝の意を表したいと思います。

最高の時はまだ来ておらず、人生の新章がようやく、始まりました。

Veritas numquam perit.

真理は決して滅びない。

22年 U.K.

ジョニー・デップ

知っておきたい単語

In the blink of an eye 一瞬で、瞬く間に
Criminal allegation 告訴、告発
Barrage 弾幕、連発
Nanosecond 10億分の1秒
traveled around the world twice within a nanosecond (直訳すると)10億分の1秒の間に世界中を2周した
Seismic 極めて重大な
Humbled 謙虚な、おそれ多い
Pursue 追求する
Inevitable 避けられない、不可避の
Spectacle 光景、壮観、見せ物
Bring a case 告訴する、訴える、提訴する
Outcome 結果
Owe to 負っている
Steadfast 確固とした、不変の
Feel at peace 心安らぐ、心穏やかな
Accomplish 成し遂げる、遂行する、果たす
Outpouring あふれでる
Colossal 多大な
innocent until proven guilty 疑わしきは罰せず、推定無罪、有罪が証明されるまで無罪
Acknowledge 認める、白状する、謝意を表す
diligent 勤勉な
Unwavering 揺るぎない
Veritas numquam perit ラテン語で、 真理は決して滅びないの意、セネカの「トロイアの女たち」にでてくる表現
Perish 滅びる、消滅する、死ぬ

アンバーハード声明文も一応貼っておく

気が向いたら訳してみたい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA