「ごちそうさまでした」に対してうちのアメリカパパが言うことば

我が家の日常風景を少しお話しましょう。

うちのアメリカパパは、

私が「ごちそうさまでした」というと、

「よかったー!」

と言います。

なにが良かった、のだろう。とたまに思うことがあります。笑

ごちそうさまでした、(美味しかったよ)

に対しての良かったー!なのだろうと推測していますが、かれのみぞしるです。

(食べてくれて良かった?美味しくて良かった?)

「美味しかったよ、ごちそうさま!」と言ったときに、

良かったー!と返事をするのは、普通だと思いますが、

ただ、ごちそうさまでした、だけ言ったときでも、彼は、良かったー!といいます。

なんだか可愛いので、私も真似して、良かったー!とか言いいます。変な夫婦です。

他のご家庭がどうであるかを存じませんが、私の育った家庭では、ごちそうさまでした、という家族に対し、「はい」と返事をするのが通例でありました。

はーいと言ってもらえないと、言ってもらえるまでごちそうさまをいう。そんな家でした。

息子も、きちんといただきますごちそうさまが言える年頃です。

お腹がいっぱいになれば、「もうごちそうさまだよ」と申告する。

ごちそうさまと言うと、ママがまず、はーい、と返事をする。

パパから返事がないのが、嫌なようで、

「パパ!ごちそうさまだよ!!」と念押し。

すると、「はーい」

と、パパ。

!!

あれ、いつの間に、良かったー!から、はーい、に移行した?笑

もう、謎の「良かったー!」は聞けないのかもしれない。それはそれで寂しい。

パパも日々、言葉だけではない、日本の文化みたいなものを吸収していらっしゃるご様子です。

パパも合掌をして、いただきますと言ってから、ご飯を食べるし、ごちそうさまも言ってくれる。
息子の食事のマナー形成にも大切だろうと思うので大変ありがたい。

食事に関したことをもうひとつ。

パパは、食後にお皿を流しに持っていってくれます。(今の時代は普通か?)置きっぱなしのときもありますが。


私が自分の食後の皿を持っていこうとすると、

「重いから!」とか言って奪い去っていくことがあります。

箸だけ持っていこうとしても、重いから!体を大事に!とか言って笑って取っていきます。

とても楽しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA