今日は雨。英語で。

今日の東京は、雨が降っていました。最近コロナウイルスのせいで、気の赴くままに遊びにいけなくて、つらい。さらに雨。でも外が雨で、お家でのんびりするのはわりと好き。

そんな今日は、近くの公園に梅の花を見に行ってきました。

ふつくしい。

写真には撮れませんでしたが、メジロとか、ヒナドリ、ムクドリ、もちろん、雀たちもいました。鳥って、あの丸いフォルムがなんとも言えんですよね。憧れます。

さて。

雨ですって英語で何て言おう

雨です。雨が降っていること、英語で表現するのに、あなたはなんと言いますか。

It is raining.

It is rainy.

さて。

これ、迷いませんか?もちろん、どちらも正しい英語です。

it’s raining.は現在進行形ですので、今まさに雨が降っている。といいたいときに使いますね。パパさんによく、Is it raining outside?(お外は雨なの?)と聞かれます。

It’s rainy.は、空模様のことを言ってます。空は雨模様です。天気が、雨です。今現在雨が降ってるかに焦点を当てて話してないんですよね。It’s rainy. 伝われ。晴れを例にすると、The sun is shining. とIt’s sunny. の違いに近い、というと分かるだろうか。

究極のまとめ

例えば、How is the weather today?と聞かれたら、It’s rainy.って言っとけばいいんじゃない。もちろんその時雨が降ってたら、It’s raining.(雨降ってんで。)でも会話は成立している。なんていうか、天気が知りたくて、その答えがraining でもrainyでもrainでも、あ、雨なんだなーは伝わる。聞いた相手も、いちいち間違ってるって怒りだすわけでもないし、会話なりたってるし細かいこと気にしないで、どんどん喋ったらええねんで。

誰。笑

まとめられてないから、さらにまとめると、It’s raining. は雨が降っている。主語は雨。雨が降ってるか降ってないかで言ったら雨が降っている。

It’s rainy. は天気が雨。

どちらも、雨ですって意味です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA