夫婦あるある「おのれぇトイレの蓋を閉めよ」の英会話フレーズ

夫婦あるあるですよね。

・トイレの蓋を閉める閉めない問題
・男性が使用した後は便座が上がりっぱなし
・トイレットペーパーが切れているのに補充されない。もしくは、雀の涙ほどの長さのペーパーが残されている。

このあたりでしょうか。

実のところ、我が家では滅多に話題に上がりませんが。
閉まっていようが開いていようが、特には(多分お互い)何も思っていません。トイレットペーパーは私も変えないことがありますし、夫は文句を言わず変えてくれる人です。ありがとうございます。

閉めて流すのはウイルスの飛散を防ぐため

閉めて流した方がウイルスの飛散を防ぐと、公共のトイレには書いてあることが多いですよね。うん確かに。マスクが話題になっている今、トイレを流す度に、彼らがくしゃみをしていると想像してみると、閉めたくなってきますよね?笑

家では気が向いたときには閉めて流しますが、大体は開けて流していますね。流れていくのを見るまでがルーティーン。さよーならー。床掃除まめにするし、ええんよ。言い訳。

便座と蓋の夫婦喧嘩英会話

例えば蓋の開け閉めに関した英会話には以下のようなものがあります。

Don’t leave the lid up.
蓋を開けたままにしないで。

You left the toilet seat up again.
便座また上がってたわよ。

Put the lid down when you’re done.
終わったら蓋を閉めてね。

Close the lid when you flush.
流すときは蓋を閉めてね。

Lidが蓋ですね。

バターの蓋とか、ジャム缶の蓋など、蓋はlidですね。

まぶたも、eye lid といいます。

便座は seat です。toilet seat というと分かりやすいですね。明らかに便座の話をしているときにわざわざtoilet seat としなくても、seat だけで大丈夫です。toilet lid も同じことですね。

Lower the lid で蓋をさげる。

Close the lid で蓋を閉める。

などともいいます。

便座が上がったままだと、寝ぼけていたり、夜中に暗闇の中で用を足すときに、女性には、危険ですよね。男性もプーピングするときは、危険か。

私の先輩(女性)で、飲んでいて上がったままの便座に気付かず座ってしまい、浸かってしまったという伝説を持つ方がいますが、便座の話になるといつも思い出します。とてもかっこいい先輩で尊敬しかないのですけど、不躾ながらかわいいと思ってしまいます。笑
本人には災難でしかないですけれど。

トイレットペーパー補充の英会話

トイレットペーパーもよく議論されますよね。

ペーパーを使いきって新しいものに取り替えないのでは、次に使う人は気持ちよくありませんよね。変えてほしい時になんと言いましょう。

Replace a new roll.
新しいのに替えてね。

Put in a new toilet paper.
新しいペーパー入れといてね。

Why don’t you ever change the toilet paper roll?
なんであんたは全くトイレットペーパーを変えないのよ?

I’m the only person who changes empty toilet paper rolls.
トイレットペーパーを替えるのは私しかしない。

このように言うことが出来ます。 

うちはこちらもお互い様で、どちらもよく忘れるし、どちらもよく替える。文句を言われたことは一度もありません。ありがとうございます。ぶつぶつ文句いいながら交換したことなら1、2回くらいは、過去にはあったかもしれませんけど。覚えてませんな。

ちっちゃいことは気にしないワカチコです。

まとめ

いかがでしたか?トイレにまつわる日常のあるあるを英語で話してみましょう。ではまた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA