アメリカ旅行 ESTA申請が必要です!90日以内の観光・ビジネスステイ

そもそもESTA(エスタ)って何?

某FFシリーズにそんなカタカナの名前の近代国家があったな。なんて。

このESTAとは、Electronic System for Travel Authorization のこと。電子渡航認証システムでございます。

ビザ免除プログラムvwpに参加している国の渡米する人々の適格性を判断する電子システムです。入国制度として平成21年1月から導入されました。90日以下のビジネスや観光の目的で渡米する場合(この場合ビザなしでいけるのでね)に、申請します。ビザの免除される国の人々の情報を出発前にオンラインで収集し、各人がビザなしで訪米する条件を満たしているか、安全を脅かすリスクがないか、などをチェックしています。

ここで注意点が、乗り継ぎでアメリカを経由して空港のみ利用する際にも同様に申請が必要です。「空港から出ません」でも、航空機に搭乗する際に認証されていないと、乗れません。搭乗拒否されます。

私たちも、カナダ経由でアメリカ入りする際に、カナダのETAも必要でした。(私たちじゃないな。アメリカ人じゃないの私だけだな。)

アメリカ人はカナダETAいらないんだって。私だけ余計にお金が…。1000円2000円くらいだけど。

ちなみに、既にアメリカより発行されたビザを持っている人はESTAの申請は必要ありません。

申請はいつする?

航空券の予約の際に申請するか、少なくとも72時間以上前に申請することが推奨されています。直前だと認証を取得出来ず、航空機の搭乗を拒否されるので、注意が必要です。大規模なシステムメンテナンスにより、72時間以上かかることもあるんですって。大変ですよ、奥さん。

ESTA申請はどこでする?

申請はESTAのホームページからできます。類似の詐欺サイトなんかあって金銭を要求してくることもあるらしいので、注意を。と、アメリカ大使館のサイトに記載してありました。要注意です。

すべて回答は英語です。名前、生年月日、性別、パスポートナンバー、飛行機の便名、アメリカ滞在中の住所を入力します。Yes・No クエスチョンもあります。

最初に日本語を選択すると、回答はもちろん英語ですが、日本語でガイドしてくれるのでわりと無事にこなせると思います。代理でお金貰ってやってくれる会社もあるみたいですよ。難しそうならそれも一手。

申請しても、承認されないこともあるんです。

例えば、重大な伝染病や、精神疾患を患っている方、重大な反社会的活動に関与している、していた方(スパイとかテロとか暴力団)、これまでに違法行為や、不正行為、規制薬物の違反などによって有罪判決を受けている方。過去にESTAで渡米してオーバーステイした方や、ビザ・ESTA取得で虚偽や不正があった方。などは、承認されないことがあります。この場合、ビザの申請をして、アメリカ大使館で面接して…と何かと色々厳しく審査が必要になってきます。

ただ、これに当てはまらなくとも、必ずアメリカに入国できる訳ではないです。入国審査でふるい落とされる可能性だって、なきにしもあらずでございます。

ESTA申請の注意事項

24時間いつでも申請可能ですが、支払いはクレジットカードデビットカードのみです。カードを持っていない場合などは、他人(家族)の名義のカードで問題ありません。

ESTAの有効期限は2年。2年以内にパスポートの有効期限がきれる場合は、パスポートの有効期限までです。パスポートを新規取得したり、名前、性別、国籍のいずれかでも変更した場合、再申請が必要です。パスポートの番号も変わってしまいますしね。

有効期限の30日前に、もうすぐESTA 期限が切れる旨のメールが届きます。もしアメリカに来る予定がある場合は、新しく申請してください、という主旨のものです。

いく予定はなかったので、2年のESTAは失効しました。また次回アメリカにいく場合には必要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA