強調 do どうする?日常会話例文と解説

動詞の前にdo をくっつけて、強調を表す。
なんか習った覚えがあるような…ですよね?

三人称のhe /she なら does を空欄にいれて。過去のことなら、didを入れておけば丸が貰えます。

文法的にはわかるけれど、実際会話でどう使われるのか?
それを今日は見ていくことにしましょう。

do+動詞

do + 動詞 で、

  • 事実であることを強調する
  • 強調して同意する
  • 強く反論する

といった場面に使うことができます。動詞が持つ意味について、「是非とも」、「本当にそうだ」「確かに~だ」、と事実であることを強調したり、
「いいや、~だ」と相手の発言に反論したり、発言を訂正したりします。

例えば、

見てほしい映画があって、これ本当にオススメよ!と相手に伝えるときに

I do recommend to watch this movie.
この映画ぜひおすすめ!

という風に使います。

I recommend to watch this movie.
この映画をおすすめします。

この文とのニュアンスの違いが分かるだろうか。

I do want to go to Hawaii.
ぜひハワイにいきたい。

I do love dogs.
犬が本当に好き。

I really did see a ghost.
本当に幽霊を見たんだよ。

ハワイにいきたいという、犬が好きという、幽霊を見たという、事実を強調している。

強調して同意するdo

会話においてみてみると、相手に、あなたこうよねと言われて、確かにそうだなと同意する形で、

You like natto.
納豆好きだね。

Yeah, I do like natto.
うん納豆好きだねー。

反論するdo

分かりやすい使い方としては、
否定されたことに対して、いやいや、違うよと、反論する形で用いるパターン。

例文

You don’t want to do this, do you?
これやりたくないんでしょ?

I do want to do this, if I can.
もしできることなら、やりたいよ。

例文

昨日電話くれなかったわね。
You didn’t call me last night.

I did. I did call you last night so many times. But you didn’t answer.
かけたわ。何回もかけたわ。でも出んかったやんけ。

例文

He doesn’t like the shoes I gave him?
彼は私があげた靴好きじゃないの?

He does like it. But it’s too big to wear those yet. That’s all.
好きだよ。まだ履くには大きい、それだけのことよ。

我が家でもよく、言った言ってない。やったやってない。の押し問答を繰り広げる際に頻出します。

会話1

I told you that.言ったじゃん

No you didn’t.言ってない

I did tell you.言った。

会話2

You said you washed this cup?
カップ洗っただって?

Yes I did. I washed the cup.
そう言ったよ。カップ洗った。

I don’t think you washed it.
洗ってないと思う。

I did wash it.
洗ったよ。

妻と夫の綺麗の基準はおしなべて違うものです。

まとめ

do がなくても 会話としては通じますが、主張する観点から、少し自分の意志を込めて強くものが言えるところが、このdoの良いところです。

使われる場面としては、反論する場面が一番使うかな?と思います。

ぜひ会話に取り入れてみましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA