半分アメリカ人のうちの息子と蒙古斑|パパから向けられた不信の目

蒙古斑は、英語でMongolian spot、もしくは Mongolian blue spot と言います。

ご存知の通り、蒙古斑は、黄色人種(モンゴロイド)に主に見られるメラニン色素のかたまりです。青い痣(あざ)のようにみえ、臀部(でんぶ:おしり)に主に見られますが、異所性蒙古斑といって、腕や肩などにも見られることがあります。

ほとんどは成長と共に2歳前後から薄くなっていき、3歳から5歳で消えていきます。
成長しても残るものもあり、それは持続性蒙古斑と呼ばれます。

蒙古斑とは?

三省堂 大辞林によると、

“乳幼児の尻などに見られる青いあざ。特に、黄色人種にみられる。皮膚の深部にメラニン色素が沈着するために起こり、幼年期の終わりまでには消失する。小児斑。児斑。”

我が家の mongolian spot 事件

蒙古斑は、モンゴロイド特有のもので、アメリカやヨーロッパではほとんど知られていないということは、何となく知っていました。(一応言及しておくと、アメリカの先住民族もモンゴロイド)

国際結婚をして、子どもを授かった身としては、その蒙古斑が虐待を疑われるものであるということも、妊娠中の情報収集中に、耳にしていました。(目か?)

そしていざ、実際に息子を病院から家に連れ帰り、アメリカパパも子どもの世話をバリバリこなしてくれるようになって、やってきました。

うちにも、その瞬間が。

何日かオムツを替えてくれて、パパはいつも息子のおしりに青い痣があることが気になっていた様子でした。

パパがオムツを替えてくれるのを大体いつも一緒にチェック(ちゃんと出来るかな?と)していたので、なんとなくパパの目線が蒙古斑に向いていることは、気づいていました。

そして、何日たってもその痣が消えていかないことを不信に思ったのでしょう。

ついにパパの口から、「これはどうしたんだ?」というセリフが発せられました。

「こけたの?ぶったの?」
あらぬ嫌疑をかけられます。

キター!

やっぱり、キター!

モンゴロイド、冷静に(必死に)説明します。

It’s just Mongolian spot.
ただの蒙古斑だよ。

Every Mongolian has that.
モンゴロイドにはみんなあるのよ!(実際にはevery ではなく80%ほどだそう。モンゴル人で95%)

でも、疑わしい様子のパパ。

ここで、最終兵器の登場です。

Just google it. It’s called Mongolian spot.
ググって!”Mongolian spot”って!

グーグル先生に聞けば早い。私がつたない英語で蒙古斑を説明するより、先生に聞いてくれた方が絶対早い。世の中は便利になったもんだ。テクノロジーまんせいである。

知識は豊富ですので、自分の知らないことを信じないのか、何なのか、悪即斬ばりの速さでグーグル先生に質問しに教壇へ行きました。嘘です。ただスマホにポチポチとやっていました。

Wow, you’re right. I didn’t know that.
わ、ほんとだ。知らんかった。

だそうです。だから、言ったじゃねーか

グーグル先生の協力のもと、無事嫌疑も晴れ、めでたしめでたしでした。本当に実際に疑われるもんなんだなあと、感心しました。

確かに、蒙古斑を知らない人であればあの青色は、痣のように見えますよね。

しかし、マミー的には、産まれたときからそばで一緒にみているし、私がオムツを替えたり、お風呂に入れたりしているときも見えていたし、ずっとそこにあったもので、父親は認識してくれていて然るべき、との頑(かたく)なな思いがあり、聞かれるまで言いませんでした。

愛する我が子のお尻に痣(のようなもの)があって、それは私のせいではないわよ、と自ら説明することに強い抵抗がありました。

知らなければ夢にも思わない蒙古斑ですし、パパには少し悪かったかなとも思っています。笑

アメリカ家族も、蒙古斑を初めて見たときに、驚いたように、

He got a bruise?痣が出来たの?

と、怪訝そうに、かわいそうー!と言っていました。

その時は、すでにグーグライズドされたパパが自ら説明してくれました。

その時は、Mongolian’s birthmark と言って、グーグル先生から得た知識をここぞとばかりに披露していました。

かわいいやつめ。

誤解のないよう蒙古斑を簡単な英語で説明する

例えば異所性蒙古斑で、夏場など薄着の時期に常に蒙古斑が見えている場合もあるかもしれません。例えば、海外の保育園、幼稚園でも、蒙古斑が一般知識としてないところだと、おしりや背中にあるものも、虐待を疑われてしまうかもしれません。保育園、幼稚園に入園するときは、しっかり事前に説明する必要があります。

虐待を疑われないために、説明するための簡単な英語を見ていきましょう。

蒙古斑は、Mongolian (blue) spot でした。

  • これは、congenital birthmark 生まれつきの(先天性の)あざです。

*congenital : コンジェニタルと読む、 先天性のという意味

  • メラニン色素が皮膚に見えているものです。
  • 多くのモンゴロイドの赤ちゃんには蒙古斑があります。
  • 殆どが5歳までに消えてなくなります。
  • 腕や足に出ることもあります。

このくらい言えれば、伝わるでしょうか。

例文

That’s Mongolian spot.
それは蒙古斑です。

It’s a congenital birthmarks in Asian babies.
アジア人の赤ちゃんに見られる先天性のあざです。

This is caused by melanocytes.
メラニン色素によるものです。

Most of the Asian babies have it.
殆どのアジア人の赤ちゃんに見られます。

That birthmarks disappear by 5.
5歳までに消えます。

Sometimes it appears on arms or legs.
腕や足に出ることもあります。

これも加えておきましょう。

Just google it!
ググレカ○!

失礼しました。

ではまた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA