Pain in the neckとは?どんなときに使うの?例文つきで解説

Pain in the neck 聞いたことありますか?他にも、

Pain in the butt /pain in the ass

という風にも言えます。

直訳すると首の(お尻の、オケツの)痛みってことですが、これは、人や物、物事が面倒くさい、鬱陶しいという意味で使います。

どんなときに使おう?

最近、息子はイヤイヤ期で、いつでも何にでもイヤイヤなのですが。昨日もお出掛け前に、パパが息子のお着替えをしようとしても、やらせてくれないんですよね。

おむつ変えるよ。嫌。

ズボン着るよ。嫌。

靴下はくよ。嫌。

ジャケット着るよ。嫌。

靴はくよ。嫌。

わりと毎回こんな感じなので、私はもうはいはい言いながら、気長に待って着替えさせるんですが、たまにお着替えをやってくれるパパにしてみれば、なんだこいつは!!めんどくさいー!!となるわけです。そこで、この一言です。

You are really a pain in the butt!!

本当に面倒くさいぞ!

と言うわけです。

ちなみに、パパはbuttをよく使うそうです。neckの方が上品に言おうとしている。assの方が下品だそう。

assは使う場面を選ばないと、品のない人認定されてしまうので、注意ですね。友達間くらいに留めておくのがいいでしょう。butt 、neck は目上の人にも使っても大丈夫だそうです。

女の子はあんまり使わないかなと思うんですけど、思い描ける状況として、やんちゃな女子高生なんかが、仲間内であいつまじうぜぇなんて、言っちゃうことあるかと思うんですけど、そんな時、

That bi*tch is a pain in the butt.

なんて言っちゃう。怖いね。駄目よそんなこと言っちゃ。

ちなみに、you are really a pain in the neck.とyou are a real pain in the neck.の違いは、そのまま副詞と形容詞の違い。

前者は、お前本当に面倒くさい。

後者は、お前本物の面倒くさいやつやな。

の違いであります。

例文

That guy is a pain in the ass.

あいつまじうぜぇ。

Chainging diapers all the time is a pain in the neck.

毎回毎回おむつ変えるの面倒だわ。

I have a lot of dirty dishes to wash. It’s just a pain in the neck.

食器が溜まってる…面倒くさいなぁ。

まとめ

いかがだったでしょうか。我々カップルは割りと面倒くさがりで、見栄えとか決まりごとを重視するより、効率化を図ることに尽力する人間たちでして。しょっちゅうめんどくさいー!言うてます。いけませんね。

オススメ最新記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA